​他のSNS(Twitter,Youtube,Facebook,Instagram)もヨロシク!

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon

正しいテクニック

July 5, 2018

 

 

今回は少し前に色々なコーチ達と話をしている間に出てきた話題について少し綴らせてもらいます。

 

『正しいテクニック』。これはどんな結構どんなスポーツにも当てはまる概念であり、多くのコーチや選手達が気にすることです。しかし、正しいテクニックというのは一つだけでしょうか?基本となるテクニックはどんなスポーツにもありますが、あれはあくまで一番簡単な基礎だけを抑えただけのことです。さらに、今となっては多くのスポーツに新しい技術や器具などが投入され、スポーツがものすごいスピードで進化をしています。つまり、基本的なテクニックもどんどん進化しています。例えばスカッシュではラケットがどんどん軽くなっているので、球のスピードやラケットの振るスピードも昔とは比べものになりません。2000年の頃の試合と2010年以降の試合を見てもその格差は歴然としてます。ラケットが軽いのでスイングそのものが変わり、昔では『正しくないテクニック』でも今ではトップレベルでも通用する『正しいテクニック』がいくつもあります。

 

では、スポーツ自体が進化し続ける中どの様に『正しいテクニック』をしっかり抑えておくか。それはしっかり目的にあったことができるかできないかが鍵です。例えば、スカッシュ選手ならばしっかり思ったところに好きに球を打てるかや、それを正確に何回も試合中やり続けられるかなど。ゴルフとかならば300ヤード打てるか打てないかとかより思ったところに球を落とせるか(300ヤード打てるのも決して悪いことではありませんが自由に300ヤード打てるのと、300ヤードしか打てないのではコースを回れるか回れないかぐらい違いが出ます。)スカッシュに戻しますと、身体が大きい選手と小さい選手でもスイングは異なります。さらに、体つきや、慣れた動きなどでも『正しいテクニック』は異なります。つまり、『正しいテクニック』は人それぞれであり、必ずしも前例が当てはまることがあるわけでもありません。難しいかもしれませんが自分に当てはまるスタイル・テクニックを見つけ出してください。(個人的にコーチとしてはそれをなるべく早く見つかるように手助けするようにしてます。選手それぞれなので難しいことはありますが、新しい発見や選手の発想に驚かされる時もあるので楽しいです!)

 

以上

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts