熱い時のスカッシュ

夏と言えば海!っていう人は多いかもしれませんが私は断然スカッシュです!(笑)…という訳で今回は『真夏のスカッシュ』について綴ります。

夏場はコートが温まり、ボールも弾みやすくなります。ラリーが長くなり、上手く球の高さや勢いをコントロールをしないと永遠とラリーが続き、体力を無駄に消耗してしまいます。それでは熱い時のスカッシュはどうすればいいのでしょうか?私が気を付けていることを三つのポイントにまとめました。

・・・

① ドライブのコースを考える事

ドライブ(後ろへ打つショット)はラリーを組み立てる際によく使うショットです。特に弾みやすい夏場のコートではドロップショット・ロブなどタッチ系のショットはコントロールが難しく逆に失敗すると相手にゆるい球を返してしまう可能性が高いです。つまり、ドライブは熱いコートでは欠かせないショットです。ドライブを打つ際、まず気を付けないといけないことはツーバウンス目(一回球が床から弾みまた床に着く所