​他のSNS(Twitter,Youtube,Facebook,Instagram)もヨロシク!

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon

東西南北 in Squash

September 11, 2018

スカッシュボールは打ち方によって前や横の壁での弾みや球の速度などを自由に操れます。プロ選手はトップスピン、バックスピン、サイドスピンを状況に応じて使い分け、ドライブやドロップなどでもそれぞれ違う打ち方をする事によって相手にプレッシャーを与えています。例としてはドロップショットをトップスピンかけて打つのとバックスピンかけて打つのでは全く違う効果が出ます。後々詳しく色々と綴りたいですが、今回は球の打ち方を説明する際に必要なコンセプトだけ簡単に紹介します。

 

イギリスでは多くのコーチが球を打つ際に、球のどこら辺をラケット面で撫で、スピンをかけるかを『東西南北』の方角を使い、教えます。以下の図を参考にしてください。

 

この際、北は天井、南は床、西は右の壁、東は左の壁となります。

 

つまり、南をラケット面で撫でる様に打つと、バックスピン。北を撫でるとトップスピンです。この様に方角で球の打ちどころを表すことによって、例えばドライブを打つ際にバックスピン(スライス)をかけるだけではなく、フォアハンドドライブなら東南を撫でるや、バックハンドなら西南を撫でるなどと細かく指示ができます。

 

スピンのかけ方によって、色々と結果が違うので、選手の皆さん+コーチの方々も研究みたいにコートの中で色々とショットを打つ時に打ち方を変えてみるのはいかがでしょうか?ラミーや、ショバギー選手(+多くのエジプト選手)は練習の後などにコートに残って色々と球にスピンをかけたりして遊んでいるらしいです。

 

スカッシュの楽しみ方はもっともっとたくさんあるのでこれからも色々紹介できたら嬉しいです。

 

以上!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts